MENU

薬剤師の正社員と非正規雇用

薬剤師バイト選択、薬剤師非正規雇用

医療業界の中で、薬剤に携わる仕事をするためには、薬剤師の資格を取得することが必要です。薬剤師が勤務する場としては、調剤薬局やドラッグストアがあります。雇用形態は、正社員であることが大半ですが、近年では非正規雇用で勤務をするケースも増えています。たとえば、薬剤師バイト、薬剤師パートといった形です。求人情報を閲覧する場合は、きちんと雇用形態に関する記載を確認するようにしなければなりません。

 

一般的には、正社員で勤務する方が有利な場面が多いです。
特に、給与に関しては正社員の薬剤師と薬剤師バイトでは圧倒的な差がついてしまいます。しかし、アルバイトの身分だからこそのメリットもあるため、積極的に薬剤師バイトで働こうとする人も多いです。

 

非正規雇用で働くことのメリットとしては、残業時間があまりないという点を挙げることができます。正社員の場合、非常に長時間の残業を強いられることが一般的ですが、アルバイトで勤務時間を限定している場合は、決められた時刻で退社することができるのです。子育てをしている薬剤師などは、あまり残業をすることができないため、非正規雇用で働く方が良い場合があります。

 

雇用形態の選択肢が広がったことで、薬剤師という仕事に就きやすくなっているのが、現代の特徴と言えます。


薬剤師バイトとしての選択

薬剤師の働き方としてアルバイトをお考えの方に、薬剤師バイトの選択のメリットやデメリット、正社員で働くのとはどの様な違いが有るのかを紹介しています。

 

バイト薬剤師は、正社員の薬剤師と違い働き方の自由度が魅力ですね!常勤、フルタイムで働く事も出来るし、非常勤、パートタイムで働く事も可能です。
薬剤師バイトの選択をされる方のほとんどが、時間的に働く時間を制約しなければいけない方だと思います。薬剤師バイトやパートの働き方、求人募集は多種多様に有ります。職種もそうですが、働く時間や仕事内容、報酬なども様々です。一括りにアルバイトの薬剤師と言ってもどの様な働き方をするかで、たくさんの選択が有ると思います。

 

薬剤師バイトのメリットしては、やはり働き方の自由度、就業時間などが選べることですね!
デメリットとしては、給料面や就業保証などが正社員に比べて薄くなる事がほとんどです。他にもメリット、デメリットは有ると思いますが、個人個人で違って来るのでここでは、あまり触れないでおきます。

 

薬剤師バイトで働く選択をされた方は、まずは薬剤師バイト募集の条件や時給、どの様な職場、職種が有るのか知りたいですよね!その為にも薬剤師求人サイトの中でもアルバイトやパートなど非常勤の薬剤師求人紹介に強いサイトへの登録が必要だと思います。

薬剤師バイトの選択もとして派遣が急浮上

薬剤師バイトやパートタイムで働く選択は増えてきています。

 

フルタイムで働くことが出来ない場合でも薬剤師としてパートタイムで働くことは可能で、条件も良くなっていると言えます。

 

また、時給や報酬面で言えば、薬剤師バイトよりも薬剤師派遣が魅力のある仕事紹介をしています。

 

同じ時間働くなら時給が高い方を選ぶ方が報酬は増えますね!

 

薬剤師バイトは時給が高いと言われますが、それ以上に高い時給で働けるのが薬剤師派遣です。

 

ただ、薬剤師派遣は長く同じ職場で働きたい方には向きませんが、薬剤師バイトで働いている方の多くが、子育てなどが落ち着けば、また、正社員として働くことをお考えの方の場合、長く同じ職場で働くことを考えなくてもよく、少ない出勤、就業時間で目的の金額を稼げる方が良いですよね!

 

それを可能に出来る働き方の選択として薬剤師派遣があると言えます。

 

派遣と言えば、毛嫌いする方も多くいますが、薬剤師派遣の場合、条件なども悪くない求人紹介も多いと思いますので、まずは、薬剤師派遣賞紹介を聞くために、薬剤師求人サイトの中で派遣薬剤師の紹介を手掛けるサイトの仮登録して聞くことが可能で、派遣も手掛ける薬剤師求人サイトなら薬剤師バイトでも派遣も求人紹介が可能ですので、自分に合う仕事の紹介を選ぶことが出来ると言えます。